毛穴、ニキビ跡改善にも関わる酵素

肌荒れや肌トラブルに大きく関わる要因の1つに「酵素不足」があります。

 

酵素はお肌を健康に保ったり、毛穴やニキビなどのトラブルを修復するためにも重要な役割を果たしています。
なぜなら酵素は肌の新陳代謝に欠かせないものだからです。

 

酵素は私たちの生命活動に欠かせないタンパク質で体のほとんどすべての箇所に存在し、
消化と代謝に深いかかわりがあります。

 

消化酵素・・・食べ物を分解、消化するもの
代謝酵素・・・細胞の新陳代謝などの生命活動にかかわるもの

 

まず体内にある酵素は「消化」に優先的に使われます。
そこでスムーズに消化活動が行われればいいのですが、消化にてこずってしまうと、酵素が消化のためにどんどん消費されてしまいます。

 

そこで問題となるのが、体内の酵素はつくられる量が一定で決まっているということ。そのため消化に多くの酵素を使ってしまうと代謝に使われる酵素が減ってしまいます。

 

代謝に使われる酵素が減ってしまうということは、老廃物を排出したり、お肌を再生するための新陳代謝がスムーズに行われなくなることを意味します。

 

 

お肌を健康に保ったり、毛穴、ニキビ、肌荒れなどトラブルのある肌を再生していくためには
お肌の新陳代謝を促すことが必要不可欠です

 

逆に言えば肌の新陳代謝(ターンオーバー)がうまく行われていないことにより様々なトラブルが発生しているともいえます。

 

そんなお肌の代謝、ターンオーバーに関わるのが「酵素」なのです。
ですからいかに消化への負担を減らして、酵素を代謝に回せるかが肌トラブルを再生する鍵ともいえるのです。

酵素不足を解消するにはどうすればいい?

毛穴肌、ニキビ、クレーターなどの肌トラブルを改善していくためには酵素をたっぷりと補い、酵素不足状態にしないことが重要です。

 

そのためには
・体内酵素を増やすこと
・酵素の無駄遣いを減らすこと

が大切です。

 

そのための方法を見ていきましょう。

 

酵素の無駄遣いを減らす

脂っこい物、甘い物、添加物がたっぷりと含まれているもの、食べ過ぎ・・・
これらのことは、ご想像のとおり、消化に労力を費やします。
消化に労力を費やすということは「消化酵素」もたっぷりと使うということになります。
まずは消化酵素をたくさん使ってしまう食生活を改善していきましょう。
またアルコールや、たばこ、大気汚染なども
酵素を大量に消費してしまう原因となります。

 

酵素を含む食品を補う

食物の中には「食物酵素」という自身の中に酵素を含む食物があります。
主に「生」のものや「発酵食品」に多く含まれています。
酵素の豊富な食物はそれ自体の酵素で消化を進めるため、消化酵素の分泌、無駄遣いを最小限に抑えることができます。消化酵素の無駄遣いを減らすことが体内の酵素を増やすことにつながっていくのです。

酵素を多く含む食品を摂ろう!

酵素を多く含む食品には
・生の野菜(大根おろし、人参、キャベツ、レタス、セロリ、トマト)
・果物(キウイ、パイナップル、バナナ、メロン、りんご、アボカド、パパイヤ)
・発酵食品(納豆、味噌、醤油、漬物)
などがあります。

 

これらの食品を積極的に取り入れるとともに、酵素ドリンクなどの酵素食品を補うのもおすすめです。

 

特に良質な酵素食品はそれ自体に食物酵素を含み、消化を助けるとともに、
発酵による善玉菌や酵母菌を含み腸内環境を改善します。

 

ただし、巷にあふれる酵素商品の中には酵素を消費してしまう添加物(保存料、甘味料)を含むものも少なくありません。
肌質改善のために選ぶならば、完全無添加の良質な酵素商品を選ぶ必要があります。

 

関連ページ

ターンオーバーが毛穴改善の鍵
毛穴改善の鍵を握る「ターンオーバー」について解説しています。
まずはお肌に悪い食べ物をやめることから
毛穴やニキビの改善に、まずはお肌に悪い食べ物をやめることの重要性について。
毛穴周りの皮膚の不全角化を防ぐ、すり鉢状化の解消法
毛穴目立ちの原因となる毛穴周りの皮膚の不全角化、すり鉢状化を防ぐ方法や改善法を紹介します。
活性酸素対策・抗酸化物質を積極的に摂る
活性酸素対策として気を付けることや積極的に摂りたい抗酸化物質について