ニキビを防ぐ肌潤糖クリア トライアルセット口コミ

砂糖は一般的にニキビにとってよくないもの、悪化させてしまうものという認識を持っている方が多いと思います。

 

しかし、その砂糖を原料としたニキビのための化粧品があるということを聞き、興味を持ち試してみました。
それが2分に1つ売れていると言われる肌潤糖クリアです。

 

たしかに砂糖は取りすぎるとニキビにとってよくないものなのですが、砂糖をスキンケアとして利用することで砂糖のある働きがニキビや毛穴に悩む肌によい働きがあるそうなのです。

 

肌潤糖のなかでも通常タイプとクリアタイプがあるのですが、ニキビを防ぐのがクリアタイプです。
お砂糖がどのように、ニキビ肌に対してとてもアプローチするのでしょうか?気になります。

 

肌潤糖はビート糖というお肌にやさしい糖を配合しています。
ビート糖特有の性質があり、水分をぐいぐいと飲み込むようにスピーディに浸透していく高い浸透力や吸収力、保湿効果を持っており、ニキビ肌でかたまってしまったガサつき肌を柔らかくしてくれる効果を持っています。

 

肌潤糖はうるおい貯水型の保湿ケアをすることでニキビ肌にありがちな
・うふおい不足による皮脂過剰
・バリア機能の低下
・ターンオーバーの乱れ
を改善に導くためのものです。

 

ニキビ肌はターンオーバーの乱れなどにより、バリア機能が衰え、外部刺激に肌が弱っている状態となっています。
そんなお肌をしっかりガードして正常にたもちながら水分をしっかりと蓄えることができる肌に改善していくことが大切です。

 

また砂糖には「殺菌力」があることでも知られています。

 

肌潤糖の使い方

肌潤糖は一般的な保湿剤のようにお風呂上りに肌にぬるのではありません。
ぬれた肌にマッサージするようになじませ、その後洗い流す、という使い方になります。

 

砂糖をお肌に塗ると聞くとベタベタしないのか?肌に傷がつかないのか?ということろが気になりますが、
実際に使ったところ、洗い流した後のべたつきはまったく感じることはありませんでした。

 

肌潤糖はビート糖を丸く加工しており、微粒子となったビート糖を12種類の植物性オイルでコーティングしてあります。
そのため肌にスムーズに入っていくので、アトピーやニキビができた敏感になった肌にもやさしくなじむのです。

 

肌潤糖は砂糖のような状態で届くので、スプーンにすくって一度手のひらに乗せ、その状態で水を少したらしてペースト状にするという使用方法となります。
お風呂の中で手が濡れている状態だと、パックの中にある肌潤糖が湿ることになりますし、スプーンも扱いづらいので、若干それが難点と言えるでしょう。

 

簡単な容器に移し替えると使いやすくなりますから、肌潤糖をそのまま使わず、いったん容器に移すとしっけることなくうまく使うことが出来ます。

 

インターネット上の肌潤糖の口コミは賛否両論に分かれています。
たしかに普通の化粧品とは一風変わったものとなり、肌に合う合わないは人それぞれだと思います。

 

私もトライアルを実際に試してみたのですが、トライアルだけでは肌にも毛穴にもとくにこれと言った実感はありませんでした。

 

ただし、使ったあとはお肌がしっとりとするので、ニキビ肌でもうるおいがなくガサガサしている肌やターンオーバーが乱れがちで固くなっている肌などに使うとしっとりと落ち着かせてくれる作用があるのかなと思います。

 

気になる方はまずはトライアルから試してみてはいかがでしょうか?

 



関連ページ

Stridexニキビパッドの使い方と口コミ 感じた効果 サリチル酸配合アクネケア
サリチル酸配合のニキビパッド Stridex, シングル-ステップ アクネコントロールを使ってみた感想と口コミ