まずはお肌に悪い食べ物をやめることから

ピーク時は見るも無残なほど毛穴が開いてしまって、私は本気で毛穴を何とかしたかったので、(といういかこのままでは人前に出る時は一生マスク生活を覚悟するほどひどかった)毛穴によいと言われる成分はかたっぱしから試しました。

 

私も最初は化粧品とか外からつけるものに頼っていたのですが、ほんとうにひどくなってしまってからは(脂漏性皮膚炎を発症してしまったので)、化粧品をつければつけるほど毛穴が開いていくし、最終的につけられるものは刺激の少ないシンプルな化粧水、そして皮膚科でもらったクリームだけでしたので外からのケアはもうこれ以上なにもできることがなかったのです。

 

そこでより改善スピードを上げるためには必然的に中からの改善をしていくしかなくなりました。

 

でもこれをきっかけに以前は毎日のように食べていたチョコレートもやめたし、大好きだった揚げ物やスナック菓子も控えるようになり、それにともない肌の調子も少しずつですが改善していきました(ただアルコールだけはよくないのにやめられませんでしたが。)

 

まずは毛穴によくない食べ物や習慣をやめること、

 

その上で毛穴にいいと言われる成分を摂ることが重要です。

 

チョコや甘いデザートがけっこう好きだった私は毎日とまではいかなくても2日に1回くらいは甘いものを食べていました。さすがに40代になってからはポテトチップスやスナック菓子などは避けるようになっていましたが、チョコやちょっとしたコンビニのスイーツなどは食べてしまっていたんですね。

 

でももうそんなことも言ってられないほど毛穴が開いてしまった時期に一切チョコをやめました。すると2か月後くらいに毛穴が徐々に治ってくるのと同時にたるみやくすみなども気にならなくなってきたのです。40代ですからたるみなどの老化も気になる時期ですが、甘いものをやめたところそのようなエイジングの症状がかなり気にならなくなってきました。

 

一時のひどい時期から脱した今は、チョコや甘いものなども食べるようにはなってきています。一切ダメとかそこまでストイックにはなれないので^^でもこの経験があったので甘いものは美容の敵というのがよくわかったので食べ過ぎないように気を付けています。

 

チョコなどの甘いものや油っこいもの
ポテトチップスなどの油分の多いものはそれ自体に質の悪い油を含み、皮脂の分泌量が増えます。
お菓子やスナック菓子をたくさん食べた次の日は皮脂が出やすいのを実感したことのある方も多いと思います。
大量の糖分や質の悪い油により体内で大量の活性酸素も発生します。
また糖分の摂りすぎは糖化とも密接に影響しています。
甘い物好きにはなかなか厳しいですが、我慢して1〜2ヶ月やめてみると違いが歴然とわかると思います。

肌によい物を積極的に摂取する

まずお肌に悪い食べ物をやめたら、その上でお肌によいと言われる食べ物、食材、成分などを積極的に摂取していきます。

 

1、ビタミン・ミネラルなど栄養バランスの取れた食事
2、体によい油の摂取
3、抗酸化物質の摂取
4、食物酵素や酵素不足を補う

 

これらについては各ページで解説していきます。

私が毛穴改善にもっとも効果があったもの

iHerb10%割引実施中!
$60以上で10%OFF+紹介者割引>>VALUE60+CLV342
※終了日未定、予告なく終了する場合がありますのでお早めに!
※コードが適用されない場合は終了しています。

関連ページ

ターンオーバーが毛穴改善の鍵
毛穴改善の鍵を握る「ターンオーバー」について解説しています。
酵素不足を補い肌の新陳代謝を促す
毛穴の開き、ニキビ、肌荒れに深く関連するのが酵素不足。酵素不足を補い、肌の新陳代謝を促す方法。
毛穴周りの皮膚の不全角化を防ぐ、すり鉢状化の解消法
毛穴目立ちの原因となる毛穴周りの皮膚の不全角化、すり鉢状化を防ぐ方法や改善法を紹介します。
活性酸素対策・抗酸化物質を積極的に摂る
活性酸素対策として気を付けることや積極的に摂りたい抗酸化物質について